レビュー 方法 –

Looking for:

レビュー 方法
Click here to ENTER

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

システム構築で品質を上げるためには、設計書の精度を高めることが重要です。 設計書に残った不具合1件が、テスト工程で複数の不具合につながり、修正作業の工数が膨れ上がるためです。 そして設計書の品質を上げるためには適切にレビューを行う必要がありますが、レビューの段取りをしっかり考えないと抜け漏れが発生したり、レビュー量が膨大になり進捗遅延になります。.

無理・無駄なく品質向上につながるためにはレビュー計画を策定することが必要であり、その計画で考慮すべき5つのポイントについて解説します。 このポイントを意識することで、設計書レビューで以下の改善が見込まれます。. 一般的に設計書レビューは技術や業務の有識者が担当します。 この有識者が十分にいればよいのですが、そのような恵まれたプロジェクトは少ないと思います。 むしろ有識者が誰もいないプロジェクトというのも存在します。. よく「有識者だから難しい機能を担当させる」という考えのもと、難易度の高い開発を任せながら、同時にレビューアを担当させるシーンを見かけます。 このような場合、十中八九は有識者が高負荷となりスケジュールのボトルネックとなります。 レビュー 方法.

それよりは、難易度の高い機能も他メンバを充て、有識者が支援する形にするのが望ましいです。 有識者はレビューに注力してもらうことで品質向上につながるとともに、指導を行うことでメンバのスキル向上にもつながります。. 例えば詳細設計でレビューできるメンバを揃えたい場合、その前工程である基本設計を育成したいメンバが主体で対応させます。 主体で設計しないと理解が浅くなるため、誰かにサポートしてもらいながらでも自身で基本設計を担当させます。.

もし基本設計を行える有識者がいない場合は要件定義から参画させるか、クライアントや現場のユーザに教えを請いながら基本設計を進めていきます。 レビュー 方法. ちなみに、上記は業務や仕様の話であり技術的なスキルの話ではありません。 Web開発なのに全員ホスト開発の経験しかない、というスキルアンマッチは別です。 これはプロジェクトの要員計画が失敗しているので、プロジェクト責任者と調整して要員計画を再検討すべきです。.

メンバが集まってチェックする場合に対面レビューを行います。 メンバ同士で議論したり、気になる点をすぐにレビューイへ確認することができることがメリットです。 参加人数だけレビューに要する時間が多くなるため、全てのレビューを対面で行うとレビュー工数が膨大になります。. レビューの主導がレビューイ(説明する側)の場合、説明の順番で資料を切り替えていくため、レビューアは見たい箇所に集中することができません。 逆にレビューア(チェックする側)が見ていき、気になる点をレビューイが回答する形式の場合、レビューイは質問がくるまで待っている状態で時間がもったいないです。.

紙印刷したり電子データでチェックする場合は書面レビューとなります。 レビューアが自分の都合がよいタイミングでチェックでき、自身のペースで内容確認できるため、チェックする箇所が明確になっている場合は効率がよいです。 レビュ. 上記では対面、書面のように人がチェックする方法について述べましたが、それ以外にツールを活用したレビューもあります。 業務観点や仕様など人間が考えないと判別できない内容はチェックできませんが、機械的にチェックできる観点を自動化することで、作業工数を大幅に減らすことが可能です。 人間のように見落としがなくなることもメリットです。. このようにチェックリストの活用は有効なのですが、チェック項目の多すぎはデメリットなので注意です。 よくあるのが、会社の標準資料として用意されているチェックリストを活用する場合です。 既にあるノウハウは積極的に活用すべきですが、汎用的に作られているためチェック項目が膨大になっていることがあります。 このチェック項目がやあったりすると、誰もチェックする気になりません。 結果、チェックリストが形骸化されては意味がありません。.

レビューを行っていると、類似の不具合を発見することがあります。 チェック対象の機能だけではなく、「他に影響、関連する機能がないか」を意識してレビューすることが大切です。 もし横展開が必要な不具合を発見した場合、横展開の確認が漏れないように不具合管理表といった資料に記録を残します。. また設計書レビューの結果を品質分析することで、新たに設計工程の弱点を見つけることができます。 もし「業務知識が足りない」ことが原因で指摘事項が多く発生しているのであれば、メンバに業務のレクチャーを行います。 外部インターフェイスの項目に多くの指摘が出ているのであれば、連携部分のチェックを強化します。 このように指摘事項を分析することで、設計書をチェックするだけでは気づかない問題点を発見することもあります。 この分析は設計工程が完了してから行っても意味がありません。 設計工程の途中で行うことで問題の早期発見につなげることができます。 品質チェックをレビュー計画に組み込みましょう。.

プロジェクト管理 ウォーターフォール アジャイル 開発・運用保守 スキル・ツール スキル ツール お問い合わせ. RELATED POST. png プロマネ研究室.

 
 

 

コードレビューを初めて行う人必見!やり方を1から解説! | アンドエンジニア – レビューに関しての誤解

 
日本の開発現場では成果物 注 を作ることが命題である。そのため成果物のミスが命取りとなるのだ。例えば、どれだけ開発が進んでいたプロジェクトであっても、仕様書にミスが見つかれば 大きな手戻りが発生してしまう。 そうした事態を防ぐために重要なのが「 レビュー 」である。 しかし、レビューを時間がないからと省略したり、あるいは時間をかけ過ぎたりすると、 形だけのレビューになってしまい本来の役割を果たすことができない。 本記事ではレビューの技法についてより深く掘り下げ、レビューをどのように実施するべきか、改めて考察する。. コードレビューは、 あまり時間をかけすぎるのも良くありません。 時間をかけすぎて自分の業務に影響が出てしまうことがあります。そこで、コードレビューを効率化させる方法を解説します。レビューすべきコード量が多い場合などは、これらを意識してみてください。. Prev Post なぜなぜ分析のコツ. ソフトウェア中の問題を検出するために、事前に定められた観点で第三者が厳密に点検して、欠陥の指摘や認定を行う。 標準や仕様から外れた例外、文書化された標準からの逸脱や仕様から見た障害を発見する技法である。最も公式なレビューであり、 必ず完成された成果物に対して実施される。 手順が明確に決まっている ことが特徴であり、チェックリストなど形式的な文書に基づいて実施される。また参加者の役割が明確に決まっていることも特徴の一つである。 成果物が完成して、すぐにインスペクションを実施し、その成果物が含んでいる障害を発見することで、 少ない手戻り工数で修正することが可能となる 。加えて、レビューを詳細に記録することで、 障害の原因となった開発プロセスの改善する ことができる。. 編集部おすすめコンテンツ ITパスポートのメリットは?デメリットや活用方法も解説!.

 
 

Leave a Comment